WEB VISION OKAYAMA

連載記事なんでもQ&A[損害保険]

コロナ休業の備え

 Q コロナで休業した場合の備えはありますか?

 A このたび、新型コロナウイルス感染症に罹患された方々に心よりお見舞い申し上げます。また、医療従事者の皆様をはじめ感染拡大防止にご尽力いただいている皆様に深く感謝を申し上げます。

 企業の皆様も様々な対応に苦慮されていることと思います。

 新型コロナウイルスに関しては、多くのお客様から「施設で新型コロナウイルス感染症の感染者が発生したことで、施設の休業を余儀なくされた場合の補償」について要望される声が寄せられました。このような状況を踏まえ、損害保険各社において、新型コロナウイルス感染症が発生した場合の休業損失や消毒費用等を補償する商品が新設されました。

 本商品の提供を通じて、施設で新型コロナウイルスの感染者が発生したことで、休業を余儀なくされ、経営に大きな影響をうける可能性のある企業の皆様の事業継続をサポートさせていただくことが可能となりました。

 施設で新型コロナウイルスの感染者が発生した場合、休業から営業の再開までには様々な費用がかかります。

 新設された新型コロナウイルス感染症による休業損失に対する補償では、保険の対象となる施設が新型コロナウイルス感染症に汚染され、またはその疑いがある場合に保健所等の行政機関によって、施設の消毒命令等の行政措置がなされたことによりお客様の営業が休止・阻害されたために生じた損失や、営業継続費用保険金、感染症対策費用保険金等をお支払いすることが可能です。ただし、営業自粛によって生じた損失については保険金のお支払い対象外となります。

 具体的には、施設の消毒のために支出した費用、従業員の皆様の感染有無の診断に支出した検査費用、従業員の皆様の予防接種等の感染予防にかかる費用が該当します。

 補償内容や支払われる保険金の限度額等は保険会社によって異なります。また、現在ご加入の保険に自動補償として補償されるケースや、補償追加の手続きが必要になるケース等様々ですので、詳細については現在加入されている保険代理店または保険会社にお問い合わせください。

本誌:2021年3月1日号 22ページ

PAGETOP