WEB VISION OKAYAMA

連載記事杉山慎策の経営学考察

島津斉彬2

 薩摩藩の財政は危機に瀕していた。斉興と重豪は相談して調所笑左衛門広郷を抜擢して財政改革をさせることとした。調所は元々川崎良八といい、安永5年(1776年)に生まれ、調所清悦の養子となり、寛政10年(1798年)江戸の芝の薩摩藩邸で重豪の御附奥茶道となり、斉興の御側用人となった。元々、財政の専門家ではなかったために、最初は就任を断ったが、最終的にこの大役を引き受けることとなった。文政7年(1824年)のことである。

 調所は就任直後大坂に赴き、富商に資金調達を依頼したが、誰一人として出資をするものがいなかった。調所は絶望して切腹をしようとしていたところ、浜村孫右衛門が彼に同情して、平野屋、炭屋、近江屋など五人の「新組銀主」を組織し、改革に必要とする資金が調達できることとなった。重豪・斉興の信任を得て、調所は天保3年(1832年)には家老格に、天保9年(1838年)には家老に出世した。

 天文学的借金をどのように調所は処理したのであろうか。500万両の借金については「250年賦、無利子償還」を一方的に宣言し、元金1000両につき年4両づつ250年をかけて返済するというものである。返済は元金のみで利息なしという条件で、天保7年(1836年)から償還を始めた。従って、完済は2086年になるが、明治政府の取った明治5年(1873年)の廃藩置県により免責となった。

 調所のとった財政改革はこれ以外に、
①三島(大島、徳島、喜界島)における砂糖の専売②琉球を中心とする中国との交易の拡充と大型船の建造③諸制度の更定と島津諸支家の財政整理④米質等の改良、諸産物の開発、国産の奨励⑤開墾奨励、諸鉱山採掘、諸川浚渫⑥兵制改良、軍備拡張、外交振粛
①の砂糖の専売については耕作から保管、運送、販売に至るまで一元管理し経費削減と増収を図った。②の琉球との交易は、幕府の鎖国政策下で、薩摩藩の琉球支配委託を名目に中国との交易を拡大した。実質的な密貿易であった。

 ⑤については甲突川五石橋があげられる。甲突川にかつて架かっていた5つの石橋を整備した。上流から玉江橋、新上橋、西田橋、高麗橋、武之橋である。1993年8月6日の鹿児島大水害により5石橋のうち新上橋と武之橋の2橋が流失し、玉江橋、西田橋、高麗橋の3橋がその後石橋記念公園に移設され保存されている。

 中国との交易のために薩摩焼きを育成し、輸出品として育てた。交易品としてはこれ以外に昆布などが俵に詰められて輸出された。中国からは生糸や薬種などがもたらされ、交易を独占することで大きな利益をあげた。

 調所の大胆な改革により500万両の借金から、200万両の蓄えを持つような裕福な藩に生まれ変わった。改革の主要因は砂糖の専売と琉球を経由する中国との密貿易であったことは間違いない。後述するように琉球貿易が幕府に漏れ調所は責任を取って自死する。

 調所の改革は実質的には佐藤信淵の『薩藩経緯記』に負うところが大きいことを池田俊彦氏は『島津斉彬公伝』で述べている。佐藤は明和6年(1769年~1850年)出羽国(今日の秋田県)に生まれた。江戸に出た佐藤は16歳で津山藩の藩医の宇田川玄随に入門し、動物学、植物学、医学、蘭学などを学んだ。重豪や斉興はこの『薩藩経緯記』を喜び、調所に指示したことは間違いない。重農主義から脱却し重商主義と産業育成に取り組むべきであるという主張である。薩摩藩の改革に津山藩の宇田川玄随が間接的ではあれ関わったことになる。

 順調に財政改革を成し遂げた調所であるが、斉興の後継者事件に巻き込まれる。斉彬が嫡男であり、順当な後継者であったが、側室のお由羅が自分の子の久光を擁立しようとした。世継ぎ争いは藩内を二分し、斉彬派と久光派に分かれて抗争することとなった。斉彬が重豪に似ていて、将来また薩摩藩を借金漬けにするのではないかと恐れた調所は久光派に組することとなる。

 斉彬は調所の行っている密貿易を時の老中阿部正弘に打ち明け、阿部は調所を呼びつけて、叱責した。その後調所は薩摩藩邸で自死することとなる。この2年後に斉彬は薩摩藩藩主となる。調所は英君である斉彬を貶めようとし、密貿易など悪事に手を染めた悪人として罪を一手に引き受けた形となった。実質的にはお由羅と久光が首謀者であったが、遺族も追罰され、家禄や家屋敷も没収された。一族は長く鹿児島に住めず東京に移り住んだ。皮肉にも斉彬の後は久光が薩摩藩を継ぐことになった。

 調所広郷の三男は調所広丈であるが、名前を「ずしょ」から「ちょうしょ」に変え、戊辰戦争と箱館戦争に参加し、のち北海道開拓使となる。その後、札幌農学校初代校長・札幌県令・高知県知事・鳥取県知事・貴族院議員などを歴任し、最後には男爵に叙勲され華族となった。

本誌:2021年1月1日号 99ページ

PAGETOP