WEB VISION OKAYAMA

連載記事杉山慎策の経営学考察

鍋島閑叟4

 長崎海軍伝習所が正式に開設される前に、オランダはスンビン号というオランダの軍艦を派遣し、海軍の仮伝習を実施した。これには長崎警護を担当していた福岡藩と佐賀藩の藩士たちが参加していたが、閑叟はこの船に直接乗り込み、軍艦についての説明を受けた。藩主が直接外国の軍艦に乗り組むことは稀なことであったが、閑叟は自分の目で確かめたかったのであろう。また、その船の購入を申し出て断られたが、後に実際の軍艦をオランダから購入する。海軍の伝習だけではなく、蒸気機関車などの新しい技術についても吸収した。その後、自前で蒸気船を作り上げることになる。閑叟は「御船手稽古所」を安政5年(1858年)に設置し、後に三重津に海軍所を作り、実用蒸気船「凌風丸」を慶応元年(1865年)に完成させた。

 慶応3年(1867年)パリで開催されたパリ万博には幕府の要請で佐賀藩からも参加することになる。実はそこには薩摩藩も参加していた。イギリスが働きかけたからである。フランスはそれに対抗する形で幕府に参加を要請していた。閑叟は佐野常民を団長として派遣した。パリ万博に続く万博はウィーンで明治6年(1873年)に開催され、明治政府として初めて参加することとなった。この万博では、日本の神社と日本庭園などが設置された。時の皇帝フランツ・ヨーゼフ一世や皇后エリザベートも訪れた。ウィーンで沸き上がった「ジャポニズム」は西欧に大きな影響を残した。クリムトの絵画にも「ジャポニズム」の影響を見ることができる。ウィーン万博では有田焼が「名誉大賞」を受賞することになる。

 「産業政策」と両輪をなす「教育政策」についても閑叟は辣腕を振るう。閑叟の祖父である第八代藩主治茂が開設した「弘道館」を強化することを命じた。藩政にかかわるような人材については「古典を学び古今に渡る大理を明らかにし、文武の修業をすること」を求めた。

 同時に役人の登用の基本である「諸役人選挙」については「文武両道」と「実力主義」を徹底することを求めた。嘉永3年(1850年)には弘道館のカリキュラムを、25歳までに修得することを定めた。卒業できないものは家禄の一部削減の罰を加え、役職への任用をしないことを定めた。藩の世襲制度を改めるもので、会津藩や福山藩など日本のいくつかの藩でも実施されていたが、佐賀藩が一番厳しかったと言われている。弘道館は創設当時は150石であったが、漸次加増され、天保11年(1840年)には一千石となり充実した教育がなされるようになった。また、江戸にも藩士の子弟のための教育機関である明善堂があり、佐賀藩に貢献する人材の養成がなされた。佐賀、水戸、出石の3藩の「弘道館」を「天下三大弘道館」と呼ぶ。

 閑叟の飽くなき新知識への欲求を満たすために、佐賀藩の若い優秀な人材を蘭学の修得に向かわせた。後に東京大学の医学部の創設に関わる相良知安もその内の一人である。閑叟は嘉永4年(1851年)から医師免許法を統一して医師の制度・給与を統一した。医学分野だけではなく、化学分野では中村寄輔、機械分野では田中儀衛門がいる。田中儀衛門は後に「東芝」を創設する。

 嘉永元年(1848年)には長崎に漂着したアメリカ人のマクドナルドを教師として英語の勉強を開始した。英語を学ぶための洋学所を済美館と名付けた。これとは別に佐賀には致遠館を設置し、アメリカ人宣教師のフルベッキに教えさせた。ここからは大隈重信、副島種臣などが出ている。江戸時代末期の遣米使節団や遣欧使節団には佐賀藩から多くの人材が参加することとなる。

 同志社大学の教育理念となっている「倜儻不羈」は新島襄が建学の理念として唱えた。新島は江戸時代末期にアメリカに密航し、アマースト大学を卒業し、帰国後同志社大学を作った。アメリカ帰りの新島襄が唱えた理念が英語ではなく中国の古典の「倜儻不羈」というのは不思議である。恐らく幼少時には間違いなく四書五経を学んでいたのであろう。佐賀藩出身で明治の政界で活躍し早稲田大学を創設した大隈重信は弘道館で学んだが、あまりの規律の厳しさに苦しみ弘道館を飛び出した。司馬遼太郎は後に早稲田を創設するときの大隈の言葉として
「一藩の人物を悉く同一の模型に入れ、為めに倜儻不羈の気象を亡失せしめたり」
を紹介している。大隈は「学問の独立」「進取の精神」「模範国民の造就」からなる自由闊達な大学である早稲田大学を創設した。

 備中松山藩の山田方谷の改革も、会津藩の上杉鷹山の改革も、佐賀藩の鍋島閑叟の改革も「産業振興」とともに「教育改革」を政策の中心においていることを再度確認しておきたい。この政策は現在の地方創生にも十分当てはまることは言うまでもない。

本誌:2020年11月2日号 17ページ

PAGETOP