WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル小田象製粉

乳酸菌入りの小麦粉 健康志向に対応し発売

  • 乳酸菌入りの新商品小麦粉

 小田象製粉㈱(倉敷市児島塩生2767-68、小田眞司社長、資本金4000万円)は、消費者の健康志向に対応し乳酸菌を配合した製パン用小麦粉「ロイヤルライプ」を発売した。

 小麦を通常のロール粉砕の後に微粉砕機でさらに細かい粒子に加工した独自の機能性小麦粉に、乳酸菌「EC-12」と乳酸菌で発酵させた米粉を加えた。保水性の高い粒子の小さい小麦粉がパン生地のしっとり感を長時間保つほか、発酵米粉がパンを焼き上げた後のイースト臭も防ぐ。

 1袋25㎏で約6兆個の乳酸菌を配合。全国に年間約300tの販売を見込む。

本誌:2020年10月12日号 12ページ
関連リンク:小田象製粉

PAGETOP