WEB VISION OKAYAMA

連載記事岡山消費者動向分析

夏の旅行について

 『疫病と世界史』の中でマクニールは人類は生きるために植物連鎖の中にいて、その中で目に見えない寄生生物の影響を受けてきたことを述べている。前世紀の20世紀、1918年からはスペイン風邪が世界で大流行した。感染推定6億人におよび、推定2500万~5000万人におよぶ人が亡くなった。日本でも2400万人が感染し、39万人が死亡したといわれる。当時の人口は大体15億~18億人であった。

 スペイン風邪の攻撃の後、3系統のウイルスが特定されワクチンが完成したが、ウイルスは突如変異する。1957年のアジア風邪は国内で65万人が罹患し、5700人が亡くなった。1968年には香港風邪が流行り、13万人が罹患し、1000人が亡くなった。人類は繰り返しこのようなパンデミックを迎えている。

 今回のコロナウイルスによる感染は一時抑えられたかのように見えたが、7月から8月にかけてまた爆発しているように見える。コロナは世界で罹患者が約2400万人、死者は81万人に上る。国内でも罹患者6.5万人、死者数も1200人を超えている。緊急事態宣言や自粛要請のために経済は疲弊している。今年度の第一クオーターのGDPは前年比27.8%の下落となり、戦後最大の落ち込みを記録した。政府は景気刺激策としてGoToキャンペーンを実施している。夏も終わりに近づいているが、岡山と全国で旅行についての考え方の違いを今回は探った。

 この夏旅行を検討している生活者は、岡山県内では9.6%,そのうち国内旅行を予定している(既に行った)9.4%、海外旅行0.2%であった。全国では28.6%、そのうち国内旅行を予定している(既に行った)26.6%、海外2.0%である。「旅行は全く予定していない」は岡山79%、全国62%である。夏の旅行意向は、岡山と全国では大きく差が開き、岡山の方が保守的対応を取っている。

 夏の旅行を企画されている方で、旅行のタイミングを聞いたところ、8月が最も多く、岡山53.3%、全国33.6%。次いで多い時期は全国では7月以前が多く、岡山では9月となっている。

 国内旅行予定者で、今回の夏の旅行が居住地方と同じ域内か、域外なのか、について確認をとった。岡山、全国ともに「旅行先と旅行地方が異なる」ケースの方が多く、岡山70.2%、全国63.2%である。遠距離ではなく、少し離れた移動を予定していることがうかがえる。

 国内旅行予定者では1泊が最も多く、岡山63.8%、全国39.5%である。2泊まで含めると、岡山85.1%、71.8%となった。岡山の方が全国に比べて宿泊期間は短い傾向がうかがえる。

 夏の旅行を予されている方に旅行先選びで重視することを聞いたところ、岡山では「宿泊先でゆっくり過ごす」43.9%、「グルメ」43.0%、「観光スポット」40.2%、温泉「38.3%」という順になった。全国では,「温泉」37.2%、「宿泊先でゆっくり過ごす」34.0%、「家族や友人と過ごすこと」31.5%、「グルメ」30.0%という順になった。岡山の方が宿泊先としての旅館やホテルへの関心が高い。

 夏の旅行を予定されている方で、その予算に特別定額給付金の利用を聞いたところ、岡山57.0%、全国56.4%となっている。岡山全国とも大きな差はみられず、約6割の方が「特別定額給付金」を夏の旅行に使うことはないようである。政府の刺激策のGoToキャンペーンは再度構築し直す方がよいのではないかと判断される。

本誌:2020年9月14日号 9ページ

PAGETOP