WEB VISION OKAYAMA

ニューフェイスキリンビール㈱中国支社岡山支店長 青木進氏

ビールで地域を盛り上げる スピード重視しニーズ対応

  • 青木進氏

 ◆「厳しい時こそ目の前のことに全力で取り組み、県内の飲食業を盛り上げていきたい」―。4月1日付で就任した。長年営業畑を歩んだ経験から、ある程度現場に裁量を持たせる方針。顧客の要求に対しスピード感を持って行動できれば「仕事が楽しくなり、もっと自分で考え行動するようになる」と、前向きに仕事に取り組める職場環境を目指している。
 
 ◆新型コロナウイルス拡大の影響で、これまで実施していた岡山工場と連携したイベントなどは当面見合わせるが、「フラッグシップである『一番搾り』を中心にできる範囲でPRする」考え。また、大幅に売り上げを落としている県内料飲店を後押ししようと、勤務中スタッフ全員で「がんばろう岡山!」のロゴ入りTシャツを着用し、外食再開の機運を高めていく。新聞などで飲食店の応援広告も掲載しており、「今まで以上に地域に密着した企業であるという意識を全従業員で共有したい」と力を込める。

 ◆スタッフと自由に意見交換できるように支店長席を廃止。フリーアドレスも導入しており、「ベテランと若手が連携しつつある」と手ごたえを感じている。岡山は「B級グルメなどビールに合う食べ物が多い」と好印象。プライベートでは、体調管理も兼ねて休日に子どもたちとサッカーを楽しんでいる。

あおき・すすむ。島根県出身。2002年早稲田大学法学部を卒業し、乳業メーカーを経て06年にキリンビール入社。岐阜支社営業部、本社マーケティング部などを歴任。前職は岡山支店営業部リーダー。趣味は城などの名所巡り。岡山市北区内のマンションで妻、1男1女と4人暮らし。41歳。

本誌:2020年7月13日号 15ページ

PAGETOP