WEB VISION OKAYAMA

連載記事山田響子の魅力を引き出すコミュニケーション術

人の気持ちを動かすということ

 先日、「Fukushima50」という映画を観に行きました。この映画について書かれたフェイスブックの書き込みを目にしたのが3月10日の夜。そうか、あしたか…あしたで9年なんだ。あした観に行こう!と決めたのでした。

 一人で映画を観に行くなんて久しぶりのこと。ネットでの購入がうまくいかなくて映画館の入り口のモニターで購入しようとしました。するとほとんどの席が売り切れです。あの日を忘れないように、この日に映画館を訪れた人たちが多かったのか、と思ったら、それは勘違いでした。実際の映画館はほとんどが空席状態。コロナウィルスの影響もあり、あえて空席が多くなるようにほとんどのチケットが発売されていない、というのが現状だったようです。

 暴走する原子炉に命懸けて向き合った人たちがスクリーンに描かれていました。家族を思い地域を思いこの国を思って戦ってくれた、名もなきヒーローたちがスクリーンに描かれていました。 もし、あの時この方達がいなかったら、もしこの方達が、本気で向き合うことを諦めていたなら、東京を含む東日本は見えない灰に覆われていたかもしれない。その当時の私からは見えなかった事実に基づいた物語が映し出されていました。

 今、世界中が非常事態を宣言しています。明日この国が、明日世界がどうなるか見えない。誰もが不安に覆われていると思います。自分とは違う価値観で行動する人を批判したくなるかもしれません、どうやら不安と同時に、批判にも覆われているようです。

 自分とは違う価値観に触れた時、つい人は人を正そうとしてしまいがちです。こちらが正しい、あなたは間違っている、だからこちらの判断を採用するようにあなたが変われ。それが正義だと振りかざしてしまいます。物事にはいくつもの側面があります。違う価値観の人というのは、その側面が見えていなかったり、受け止める重さが違ったりする、ということだと思うのです。

 YouTuberとして人気のヒカキンさんは3月28日に公開した動画で、若者たちに訴えました。あなた一人が「したい行動を控える」ことで救える命があるかもしれない、ということ。若いあなたたちにはもしかしたら症状が出ないかもしれないけれど、身近なお年寄りや近くで触れた人たちに重大な危険が及ぶかもしれないということ。そこにあったのは現実を軽く受け止めてしまっている若者たちに対する理解でした。そう思う気持ちも分かる、自分自身も少し前まで「日本は大丈夫、自分は大丈夫」と思っていた。しかし、このような信頼できる情報に触れて、今はこのように考えてこのような行動をしている、と伝えています。その具体的な行動は、それならできそう、やってみてもいいかも、と思える行動でした。

 こうしたほうがいい、こうするべきだ、ではなくて、僕はこう考えている、なぜならこういう根拠があるからだ、そして、こういう行動をとっている。伝えたのはその姿勢でした。上から押し付けられると、抵抗したくなる。でも横から自分の考えを伝えられると、一つの意見として聞き入れたくなる。その意見に納得する部分があれば、取り入れてみてもいいかと思う。それが人の気持ちを動かすということだろうと思うのです。

 話は転じますが、2020年6月から「パワハラ防止法」が施行されます。さまざまなハラスメントも「自分の当たり前」を押し付けることが引き金になっているのではないでしょうか。原点は「指導」であったとしても、こちらが正しい、そちらは間違っているから正せ、こちらのやり方を理解してその通りにしろ、という上下間のかかわりの中でハラスメントは起きがちです。

 批判したくなった時、相手を正したくなった時、今から発しようとしている言葉や態度が、本当に相手の胸に届き、変化のスイッチを押すことができるのか、もう一歩立ち止まって考えてみてほしいのです。誰もが不安で、誰もが精神的に疲れている、今だからこそ、他者の視点に立つことの大切さを意識したいと思います。

本誌:2020年4月13日 17ページ

PAGETOP