WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル税理士法人久遠

チャリティー二人会に300人 豪雨復興募金39万円集まる

  • 小唄を披露するうめ吉さん

 税理士法人久遠(岡山市南区福浜町16-22、前原幸夫代表社員)は、6月1日、くらしき健康福祉プラザで創業34年を記念した「チャリティー二人会」を開き、関与先ら約300人が参加した。

 くらしき観光大使で俗曲師の桧山うめ吉さんが、三味線を用いて落語家の出囃子や小唄、都々逸などを披露し会場を盛り上げた。その後、前原代表が、「新時代、令和に活かす山田方谷」と題して講演。方谷の藩政改革を紹介し、「方谷が行った藩の現状把握や、問題点の共有、藩札整理による信用回復、新規事業展開、成果の共有などの取り組みは、現代の経営にも生かすべき」などと話した。

 講演終了後、西日本豪雨復興支援金を募集。集まった39万円の善意は倉敷市に寄付する。

本誌:2019年6月17日号 14ページ
関連リンク:久遠

PAGETOP