WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルピコシステム

フェアに320人が来場 働き方改革のヒント紹介

  • 注目集めたMS社のホロレンズ

 ピコシステム㈱(岡山市南区西市98-4、中野達也社長、資本金1000万円)は、6月5、6の両日、コンベックス岡山で「ピコシステムフェア2019」を開き、県内企業を中心に200社320人が来場した。

 テーマは「人手不足を乗り切るために!今こそITを使って経営力を強化」。働き方改革やセキュリティ、RPA(事務作業の自動化)など旬な話題の8セミナーを行い、知識や理解を深めた上で、展示ブースで同社が展開するさまざまなシステムやソリューションに触れてもらう内容。

 Office365などのクラウドサービスやRPAブースがセミナー、展示共に関心を集めたほか、ジェスチャーや音声で操作するマイクロソフト社の眼鏡型ウエアラブル端末「ホロレンズ」も注目されていた。中野社長は「各社に合ったソリューションを提案し、業務改善や働き方改革をサポートしたい」としている。

PAGETOP