WEB VISION OKAYAMA

連載記事なんでもQ&A[知的財産]

商標の「ファストトラック審査」

 Q 商標登録出願の「ファストトラック審査」とはどのようなものですか。

 A 商標登録出願から最初の審査結果(登録査定又は拒絶理由)が通知されるまでの期間(以下「審査期間」)は、現在、平均8か月程度です。迅速な審査を達成するため、所定条件を満たす出願については、審査期間を2か月程度短縮する「ファストトラック審査」が開始されました。

 「ファストトラック審査」の対象となるためのこの所定条件は、次の通りです。

 (1)登録する分野(指定商品・指定役務)の記載が、出願時に、「類似商品・役務審査基準」、「商標法施行規則」又は「商品・サービス国際分類表(ニース分類)」に掲載されている商品・役務(以下「基準等表示」)のみを指定している商標登録出願であること。

 注意を要する点として、インターネットウエブサイト「特許情報プラットフォーム」で公表されている「審査において採用された商品・役務名」は対象になりません。また、基準等表示と少しでも異なる記載は対象になりません(例えば、「類似商品・役務審査基準」における表示が「セミナーの企画・運営又は開催」であるのに対し、「セミナーの企画・運営」と記載した場合は対象になりません。)。

 (2)審査着手時までに指定商品・指定役務の補正を行っていない商標登録出願であること。

 (3)新しいタイプの商標(動き商標、ホログラム商標、色彩のみからなる商標、音商標及び位置商標)に係る出願及び国際商標登録出願(マドプロ出願)のいずれでもない商標登録出願であること。

 (4)平成30年10月1日以降に出願された商標登録出願であること。

 これら(1)~(4)の全てを満たす商標登録出願は、「ファストトラック審査」のための申請や手数料のいずれも要することなく、「ファストトラック審査」の対象となり、審査期間が約6か月(通常より約2か月短い)となる予定です。通常の出願よりも早く審査を行う点では、早期審査と似ていますが、早期審査では、出願とは別の早期審査申請(出願商標の使用状況等に関する説明を要します。)を要し、早期審査申請から約1.8か月で最初の審査結果が通知されます。

本誌:2018年11月12日号 22ページ

PAGETOP