WEB VISION OKAYAMA

Flash Eye岡山県トラック協会

働く車大集合! ハンドル握り笑顔いっぱい

  • トラックなどが集結
  • 高所作業車体験には行列
  • 小学生の描いた未来の車が会場を飾った

 (一社)岡山県トラック協会(遠藤俊夫会長)は、10月20日、岡山市サウスヴィレッジで「はたらくトラックファミリーフェスタ」を開き、約6000人のファミリーでにぎわった。

 10月9日のトラックの日の関連行事。子どもたちに運送業へ親しみを持ってもらおうと、倉敷市の観光名所をラッピングしたトラックや、高所作業車、クレーンを一堂に集め、乗車体験などさまざまな催しを展開。子どもたちはトラックの迫力に驚いたり、ドライバーになりきって満面の笑顔を見せるなど、大いに楽しんでいた。

 未来のトラックをテーマにした小学生絵画コンクールの表彰式も開催。全応募作品1076点も会場各所に展示した。

 今回から、同協会各支部・青年協議会が催しを企画。クラシックカーの展示やグルメ屋台など工夫を凝らして、集客を競った。

本誌:2018年11月5日号 31ページ

PAGETOP