WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルSPGF

全国情報網で協業支援 4月から岡山支部始動

  • 岡山支部設立を発表する上田支部長

 全国的な異業種間情報ネットワークを構築して協業支援を進めるSPGF㈱(東京都)が、2月1日、岡山支部を設立した。4月から一般会員を募る。

 同社は、2016年度の日本商工会議所青年部会長を務めた仲田憲仁社長が、全国500カ所の経済団体などと意見交換する中で、地域の課題や問題を知り独自ネットワークで支援しようと設立。全国に支部を置き、4月から支部を窓口にビジネスマッチングなどの活動を開始する。事業承継やM&A、融資支援など経営サポート、人材開発・教育なども行う。入会金1万円で年会費6万円。

 岡山支部は㈱ウエザイ(岡山市)の上田和生社長が支部長となり、ウエザイ内に事務所を設置。運営会員は11社で、初年度は150社の入会を目指す。上田支部長は「小さな力でも結集すれば大きな力になる。しがらみのないネットワークを広め、中小・零細企業の活性化につなげたい」としている。

本誌:2018年2.19号 14ページ

PAGETOP