WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル日本銀行岡山支店

引き続き「緩やかな拡大」 鉄鋼、石油化学の生産好調

 日本銀行岡山支店(藤田研二支店長)はこのほど、昨年12月を中心にした岡山県金融経済動向を発表した。住宅投資は弱めの動きとなっているが、個人消費、設備投資、輸出が持ち直し、県内主要製造業の生産も持ち直しが明確になっていることから、県内景気は緩やかな回復が拡大しつつあるとし、前月の判断を据え置いた。

 百貨店・スーパー売上高は、気温低下による冬物衣料など季節商品の売れ行きが好調で持ち直している。乗用車販売は、新型車効果が一巡し横ばい圏内で推移。家電販売は、暖房器具やゲーム機器などが好調で持ち直している。旅行取扱高は、海外の治安悪化が影響し、前年を下回った。

 県内主要製造業の生産動向は、鉄鋼、石油化学で海外需要が好調なことから高めの生産水準になっている。

PAGETOP