WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[知的財産]不使用取消の一部商品等の使用証明

 Q 弊社所有の登録商標が、継続して3年以上不使用であるとして取消審判が請求されました。取消を請求された指定商品は「菓子、茶」なのですが、弊社では「菓子」にしかこの商標を使用しておらず、「茶」については全く使用したことがありません。「菓子」について使用を証明した場合、「茶」については不使用であるとして、商標登録が取り消されるのでしょうか。

 A 商標制度は、使用により商標に蓄積された業務上の信用を守るべく、独占権たる商標権を与えるものです。使用されない商標(不使用商標)に商標権を与えると、守るべき信用がないにも係わらず、他人の商標選択を邪魔するので存続させるべきではありません。

 そこで継続して3年以上日本国内において不使用の状態の登録商標については、誰でもその使用していない指定商品及び指定役務(指定商品等)に関し、商標登録を取り消すための不使用取消審判(以下「審判」)を請求することができます。審判を請求された商標権者は、審判請求の登録前3年以内に日本国内において、審判請求の指定商品等のいずれかについて登録商標が使用されたこと、又は不使用に係る正当理由(天災地変や法令上の制限等)があること、のいずれかを証明すれば商標登録の取消を免れますが、いずれも証明できなければ商標登録が取り消されます。

 つまり、審判請求に係る指定商品等の一部について登録商標の使用事実を証明すれば、それ以外の指定商品等についても商標登録は取り消されません。従いまして、今回の審判請求に係る指定商品「菓子、茶」のうち「菓子」について、この審判請求の登録前3年以内に日本国内においてこの商標が使用されたことを貴社が証明すれば、「茶」についても商標登録は取り消されません。

 いつどのような指定商品等に請求されるか分からない審判ですので、取消を免れるためには、具体的に、いつ、どの指定商品等に、どのように商標を使用したかが証明できるように証拠を準備しておくことが重要です(「いつ」、つまり時期との関連付けが大切です。)。上述の通り、3年内に1回でも商標使用が証明できれば取消を免れますが、用心のため、毎年1個以上の証拠を収集し保管することをお勧めします。

本誌:2017年12.11・18合併号 25ページ

PAGETOP