WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル上組

玉島人工島に倉庫建設 食品企業群集積に対応

 港湾運送、倉庫業を手掛ける㈱上組(神戸市、深井義博社長、資本金316億4200万円)は、人工島の玉島ハーバーアイランドへの進出を決めた。

 同社は現在近隣の水島コンビナート玉島地区に玉島支店のサイロ、倉庫などがあり、飼料、穀物などの輸送、保管を行っている。同人工島内に食料コンビナートの形成が進んでいることから、新たに倉庫を新設する。

 倉敷市玉島乙島新湊の用地2万2200㎡を取得。来年4月に着工し2019年4月操業の予定。投資額、従業員数などが未定。同社は1947年2月設立。売上高は2283億円(17・3期)。従業員数は3700人。

 同島への進出企業は28社(70.2ha)で、残る分譲面積は18.8haとなった。

本誌:2017年12.11・18合併号 11ページ
関連リンク:上組
関連リンク:岡山県庁

PAGETOP