WEB VISION OKAYAMA

連載記事

夏の終わり 風は涼しこの夕べ

 県庁のミュージックサイレンに関し筆者がNHKからインタビューを受けた話を前回ご紹介しました。オンエアされた映像は約7分にまとめられており、私自身の露出時間が大半を占めていました。なんだかミュージックサイレンの話より私の介護人生の方により焦点が当たっているような印象さえあり少々面はゆい。

 オンエアに引き続いていろんなことがありました。20年以上介護をしてきた最愛の母は放送のわずか2日後、自宅で私と姪に手をとられて静かに息を引き取りました。

 家族と親族だけで小さな葬式を執り行いましたが、話題の中心はもちろんNHK岡山の「もぎたて!」に出演したことです。「どういういきさつでテレビに出たの?」というのがみなさん共通の疑問。私は「岡山を代表する文化人をNHKが見逃すはずがないじゃないか!」などとみんなをからかってやりました。

 しかし本当は長年介護してきた最愛の母が天寿とはいえここ1カ月しだいに衰えていくのを1人で見守るのはとてもつらいことだったのです。老い、病苦、孤独、絶望感にさいなまれる日々。そんなとき、老いや病苦と対極にあるもの、若く才能豊かな青年が出現し、私のような老いさらばえた人間のひとりよがりの話にもじっくり耳を傾けてくれ、何日もかけ長時間かけ私の魂の内面までビデオ映像として描ききってくれたカメラマン氏。S君の存在は大変な救いでありいい気晴らしになりました。

 オンエアされた映像は母への素晴らしいはなむけになり、息子としては最良の形で母を見送ることができました。もし取材の申し込みがこのS君でなかったら瀕死の母の寝室にまでテレビカメラを持ち込むことなど決して同意しなかったと思います。そのように思います。

 8月31日、いよいよミュージックサイレンの最終奏鳴のときが近づきました。私は「家路」の歌詞を手書きで紙に写し、コンビニで20枚コピーを取り、県立図書館前に集まったサイレンを惜しむ方々にお配りしました。

 「いざや 楽しき まどいせん」

 見知らぬ人々といっしょに「家路」を口ずさみながら最後の別れを告げました。風の涼しいこの夕べ、さあ楽しい団らんをしましょう! 夏は終わり、懐かしい秋の風が吹き始めました。

本誌:2016年9.12号 15ページ

PAGETOP