WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル桃茂実苑

パン製造販売開始 自家製の果物を活用

  • 自家製の白桃を使ったパン

 観光農園と果物直売所を経営する㈲桃茂実苑(赤磐市上市218-1、友實浩子社長、資本金500万円)はこのほど、パンの製造販売を始めた。

 来場者の中心は県外客のため、パンを扱うことで地元客の利用を促すのが狙い。自社農園の白桃を使ってシロップ漬け、ピューレ、ジャムに加工。ピューレを生地に練り込んだクロワッサン、シロップ漬けとジャムを使ったブリオッシュなど20種類程度を販売する。

 自社農園のブドウのほか、取引先から仕入れた旬の果物などを使ったパンも製造する。昨年9月に導入した米粉ピーチパイの製造設備を有効活用する。1個180円。

 今後、ジャムやシロップ漬けを含めた加工部門の自社ブランドを立ち上げる予定。

本誌:2016年7.11号 8ページ
関連リンク:桃茂実苑

PAGETOP