WEB VISION OKAYAMA

特集[税理士記念日特集] 中国税理士会 岡山県支部連合会

県下11金融機関との懇話会発足 中小企業の支援体制強化図る

 中国税理士会岡山県支部連合会(那須一郎会長)は、昨年11月21日、県下11金融機関と「岡山県金融懇話会」を発足した。

 中小企業の経営を資金面でサポートする金融機関と、会計、経営面で支援する税理士が連携することでより効率的な支援体制を構築するのが狙い。意見交換を通じ、事業計画書作成ノウハウの共有やそれぞれの中小企業支援の相互理解、会計の適正化などを目指す。

 初回会合には、那須会長をはじめ、県下13支部の支部長ら20人が参加し、金融機関、岡山県産業振興財団と協議。経営革新等支援機関の認定による金融支援事業や、金融機関の取り組みについて話し合った。今後、年2回の会合を計画している。

 また、2月5日には、日本政策金融公庫との懇話会も実施。各機関との情報共有を進め、中小企業の経営課題解決に全力で取り組む考え。

 那須会長は「中小企業の半数以上が欠損金を計上している厳しい経済環境の中、税理士が金融機関との意思疎通を図ることで健全化をサポートしたい」としている。

本誌:2015年2.16号 17ページ

PAGETOP