WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル最上稲荷

節分豆まき式を開催 福求め3万人が参加

  • 芸能ゲストも豆まき

 最上稲荷(岡山市北区高松稲荷712、稲荷日應山主)は2月3日、節分豆まき式を開催した。

 福にあやかろうと約3万人が参加。本殿前広場に面した結界廊に年男、年女ら750人が大黒天の衣装やかみしも姿で順に登壇。稲荷山主の発声に続き、「福は内、福は内」の掛け声とともに合計10万袋(約2t)の福豆をまいた。今年から男女でエリア分けし、参加者は懸命に手を伸ばし福豆を拾っていた。

 豆まきの間には、芸能ゲストの足立梨花さん、ザ・たっち、津本ゆかりさんがトークや歌で会場を盛り上げた。

21福祉施設に福豆寄贈

 最上稲荷総本山奉賛会(末長範彦会長)は1月30日、岡山県共同募金会を通じ岡山、赤磐市内の21社会福祉施設に福豆などを寄贈した。

 寄贈したのは福豆3000袋と豆まき用の1升舛22個、ミカン22箱。「恵まれない人たちにも福を」との願いを込め、各施設で豆まきを楽しんでもらおうと1961年から続けている。今年で55回目。

本誌:2015年2.16号 13ページ
関連リンク:最上稲荷

PAGETOP