WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[知的財産] 新しいタイプの商標

これまで商標登録の対象とされていなかった新しいタイプの商標の登録が近く認められるようになるというのは本当でしょうか。

A : 音商標や動く商標等も対象

これまで登録の対象となっていた商標は、文字、図形、記号、立体的形状といったもので、大まかに言えば、目視できる静止したものといった感じでした。

しかし、欧米等においては、音商標や動きの商標といったような我が国ではこれまで登録対象となっていない新しいタイプの商標を登録して保護しています。商標は、それを用いることで誰の商品・役務かを認識させることが本質的機能ですので、そういう機能を発揮するものであれば、こういった新タイプの商標も保護( 独占権付与) すべきということになります。これに対応すべく平成2 6 年商標法が改正され、下の表のように「動き」、「ホログラム」、「色彩」、「音」及び「位置」の新タイプの商標が登録対象に加わりました。

「動き」商標は、時間に伴って図形等が変化するようなもの( 例えば、T V C M の動画等) で、「ホログラム」商標は見る方向によって図形等が変化するようなものです。

「色彩」商標は、輪郭等がない色彩だけからなるようなもので、例えば、白地にオレンジ色、緑色、赤色の3 本の平行線が描かれていれば、それだけで有名なコンビニだとわかりますよね。「音」商標は、サウンドロゴ( 久光製薬株式会社のC M 音声「ヒサミツ」等) やパソコンのO S の起動音等が挙げられます。「位置」商標は、商品の特定の位置に付けられる図形等が挙げられます。

新タイプの商標に関する出願受付開始は( 本原稿作成時には) 未定ですが( 公布の昨年5 月1 4 日から1 年を超えない)、平成2 7 年4 月1 日が有力視されています。


笠原特許商標事務所
弁理士・所長
笠原 英俊氏
岡山市北区野田2-7-12
TEL086-245-0440

本誌:2015年2.9号 19ページ

PAGETOP