WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[知的財産] 商標権の更新登録申請期間

弊社で使用中の商標を登録していますが、この登録を維持するには更新の必要があるとききました。この更新のための申請はいつ行えばよいのでしょうか。

A : 存続期間満了6 月前~ 満了

商標制度は、商標を使用する者の業務上の信用を保護するために独占権である商標権( 原則、商標権者以外の者の無断使用を禁止) を付与するものであり、この信用がある限りは商標権を存続させておく必要があります。しかし商標権を永久とすると、使用しなくなる等して不要となった商標権がいつまでも存在して他人が迷惑を受けるため、一律に1 0 年の権利としておき、1 0 年ごとに何度でも更新登録できるようにしています。

この商標権の1 0 年ごとの更新登録の申請は、下の図の通り、商標権の存続期間の満了前6 月から満了の日までの期間( 以下、更新登録申請期間) 内にしなければなりません。そして、この更新登録申請期間が過ぎてもその期間経過後6 月以内であれば、更新登録申請期間内に更新登録申請をする場合の登録料( 以下、通常登録料) と割増登録料( 通常登録料と同額) とを納付( 即ち、通常登録料の倍額納付) することで更新登録申請することができます。

このように商標権を維持するには1 0 年ごとの更新登録申請が必要であり、この更新登録申請は商標権の存続期間の満了前6 月から満了日までの更新登録申請期間内に行う必要がありますが、更新登録申請期間が近づいたことを知らせる連絡等が特許庁から商標権者にはされません。このため商標権者がこの期間を徒過しないよう期限管理を行う必要があります( 1 0 年と長く忘れやすいのでご注意ください。)

まず、貴社お持ちの商標権の存続期間の満了がいつかを確認し、その満了前6 月から満了日までの間に更新登録申請をしてください。もし、この申請を忘れると貴社の商標権が消滅しますので、その後、他者がその商標を登録することで貴社が商標の使用を中止せざるを得なくなることもあります。

笠原特許商標事務所
弁理士・所長
笠原 英俊氏
岡山市北区野田2-7-12
TEL086-245-0440

本誌:2014年9.8号 19ページ

PAGETOP