WEB VISION OKAYAMA

連載記事

テーブルマナー

いつも注目を受けていらっしゃる貴方様。お食事の時のしぐさはいかがでいらっしゃいますか。どうぞ、貴方様自信に置き換えてご覧ください。

①× お食事中、舌を出してお料理に顔を近づけてお召し上がりになっていらっしゃいませんか? 大人の男性が舌を出して料理に向かっている映像は、3歳のぼくちゃんよりももっと、お行儀の悪いしぐさに見えます。お立場ある貴方様は大人の男性でいらっしゃいます。舌を出してお食事するしぐさは  決して可愛いとは言ってもらえません。

②× お食事中に、同席中の女性以外のお隣りの女性を、鼻の舌を伸ばしてご覧になった事はありませんね。お食事をしながらよそ見をしないように。お隣のお席に美人さんにうつつをぬかして、ナイフを持っている手を高くあげることもあってはなりません。

③×お食事中に、会話をする時は、お皿の上にナイフとフォークを添えお話しをするようにします。ナイフとフォークがお話し中に、お皿から浮かばないようにしましょう。

④×取手のあるスープカップも両手で持つようなお子さまのすることはしないように。お立場ある貴方様は、スープカップはテーブルに置いたまま、スプーンでお召し上がり下さい。その場合は、しっかり姿勢を保ったまま、お口にスプーンを運ぶようにします。

⑤×お食事中に、お肉を切る時などに、ヒジが高く上がっていてはみっともない振る舞いに見えます。姿勢を正して座ると、ヒジを高くあげて食事をすることは防げます。

お立場ある貴方様にはどなたも教えてくれません。

そして、もしも、女性のお方でこのような振る舞いになっていては、目も当てられません。しっかりお気を付け下さい。


河村まどか
礼儀作法教室ドルチェ・フィニッシングスクールを主宰。岡山、山口に教室を持つほか、企業研修など全国で出張レッスンを開催。ホームページはhttp://dolce-fs.net メールアドレスはinfo@dolce-fs.net

本誌:2014年8.25号 25ページ

PAGETOP