WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[知的財産] 商標の早期登録

弊社は、「かりんとう」について商標を使用しているので、商標を将来使用するかもしれないパンを含め、指定商品「菓子、パン」とする商標出願をしました。この商標を何とか早期に登録をしたいのですが・・・。

商標の早期審査制度の利用

商標登録出願に関する早期権利化のニーズに対応すべく、特許庁で商標の早期審査制度が運用されています。早期審査の対象となる商標出願は、次の① 又は② のいずれかです。現在、通常審査では平均5 ヶ月程度の審査期間が、早期審査では2 ヶ月程度に短縮されています。

① 出願人又はライセンシー( 以下、出願人等) が、出願商標を指定商品・指定役務に使用している又は使用の準備を相当程度進めていて、かつ、権利化について緊急性を要する出願。ここにいう「権利化について緊急性を要する出願」とは、a ) 第三者が許諾なく、出願商標又はそれに類似する商標を出願人等の使用若しくは使用の準備に係る指定商品若しくは指定役務又はこれらに類似する商品若しくは役務について使用している又は使用の準備を相当程度進めていることが明らかな場合、b ) 出願商標使用について、第
三者から警告を受けている場合、c ) 出願商標について、第三者から使用許諾を求められている場合、そしてd ) 出願商標について、出願人が日本国特許庁以外の特許庁又は政府間機関へも出願している場合をいいます。

② 出願人等が、出願商標を既に使用している商品・役務又は使用の準備を相当程度進めている商品・役務のみを指定している出願。
貴社の場合、商標出願の指定商品「菓子、パン」のうち菓子に属する「かりんとう」ついて商標を既に使用されていますので、上記のa ~d のいずれかに該当すれば上記① として早期審査の対象になります。また、指定商品「かりんとう」についてのみ早期に登録
すればよいのであれば、指定商品を「かりんとう」に減縮する手続補正を行えば② として早期審査の対象になります。


笠原特許商標事務所
弁理士・所長
笠原 英俊氏
岡山市北区野田2-7-12
TEL086-245-0440

本誌:2014年6.9号 25ページ

PAGETOP