WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルトマト銀行

ファジアーノ通帳を開始 口座数に応じ強化資金

  • 通帳を通じチームを応援

 ㈱トマト銀行(岡山市北区番町2-3-4、中川隆進社長、資本金143億1000万円)は、8月1日、サッカーJ2のファジアーノ岡山を応援しようと、ロゴ入りの通帳(総合口座)、キャッシュカードの取り扱いを開始した。

 毎年6月から翌年5月までの1年間の口座開設数に応じて1通帳当たり50円をチーム強化資金として100万円を上限に贈呈する。また、毎年6月に同通帳を持つ預金者には抽選でチームのグッズをプレゼントする。

 通常未成年者は総合口座を開設できないが、「子どもたちに夢を」というチームのキャッチフレーズを受けて、同通帳では親権者の同意があれば未成年者でも開設できる。

 同行では、過去6回応援定期預金を販売。預金残高の0.05%(上限200万円)に当たる1200万円を強化資金として寄贈してきた。

 中川社長は式典で「地域全体で機運を盛り上げ早期にJ1昇格を果たしてほしい」とあいさつした。

PAGETOP