WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルカワニシホールディングス

大型設備備品を受注 4期連続の増収増益に

 ㈱カワニシホールディングス(岡山市北区今1-4-31、高井平社長、資本金6億775万円)は、8月8日、4期連続増収増益となった2013年6月期連結決算を発表した。

 売上高962億2300万円(前期比28.7%増)、経常利益15億3400万円(同104.7%増)、当期利益9億4300万円(同172.6%増)。

 大手基幹病院の新築・増築、建て替えに伴い大型設備備品を受注。2012年1月に子会社化したサンセイ医機㈱(福島県郡山市)の業績が通期で加わり、売上高の80%以上を占める医療器材事業が大幅に伸びた。SPD(物品・情報・購買管理業務の受託)事業は2施設で契約満了になったが、新たに国立病院機構の統合新病院(600床以上)の受託と300床未満の3施設で受託・運用が始まった。

 東京電力㈱からサンセイ医機に支払われた賠償金1億3600万円を特別利益に計上した。

 株主総会は9月26日。

 次期の業績予想は売上高928億2100万円、経常利益9億8000万円、当期利益5億1600万円。前期の特需の反動で減収減益を見込む。

 内定した同日付の役員人事は次の通り。

 取締役 経営企画室マネージャー磯田恭介、管理本部マネージャー村田宣治▽監査役 内部監査室長石本信幸

 退任 取締役田野雅弘、同前島達也、同河田肇、監査役西隅健二、同久山徹

 ※田野氏は理事、河田氏は内部監査室長に就任予定

PAGETOP