WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[助成金] 助成金を教えてください。

Q 助成金を使いたいのですが。

助けに成る金

A 元気よく、今年も成長していきましょう。今回のご質問は、助成金ということなので、身近な給付金や助成金を紙面の許す限り紹介します。

職場適応訓練費

○概要:職場適応訓練は、実際の職場で作業について訓練を行うことにより、作業環境に適応することを容易にさせる目的で実施するものであり、訓練修了後は、その訓練を行った事業所に雇用してもらうことを期待して実施するものです。訓練を行った事業主には職場適応訓練費が支給され、訓練生には雇用保険の失業等給付が支給されます。○給付内容: 事業主は、訓練費として職場適応訓練生1人につき月額24,000円(訓練生が重度の障害者である場合は25,000円)が支給されます。なお、短期の職場適応訓練については日額960円(訓練生が重度の障害者である場合は1,000円)です。 職場適応訓練生は、雇用保険の失業等給付が支給されます。

特定就職困難者雇用開発助成金(特定求職者雇用開発助成金)

○概要:障害者、高年齢者(60~64歳)等をハローワーク等の紹介により継続して雇用する労働者として雇い入れた場合、賃金相当額の一部を助成。○助成金内容:【高年齢者(60~64歳)、母子家庭の母等】対象者1人につき90万円。 (短時間労働者(※)は60万円)【身体・知的障害者(重度以外)】対象者1人につき135万円 (短時間労働者(※)は90万円)【身体・知的障害者(重度又は45歳以上)、精神障害者】対象者1人につき240万円。 (短時間労働者(※)は90万円)(※)週所定労働時間が20時間以上30時間未満の者

高年齢者雇用開発特別奨励金(特定求職者雇用開発助成金)

○概要:65歳以上の離職者をハローワーク等の紹介により所定労働時間が週20時間以上の1年以上雇用する労働者として雇い入れた場合、賃金相当額の一部を助成。○助成金内容:対象者1人につき90万円。 (短時間労働者(※)は60万円)

派遣労働者雇用安定化特別奨励金

○概要:派遣先である事業主が受け入れている派遣労働者を無期又は6カ月以上の有期で直接雇い入れる場合に助成。○助成金内容:【期間の定めのない雇用の場合】対象者1人につき100万円。【有期雇用の場合】対象者1人につき50万円。

試行雇用奨励金

○概要:職業経験、技能、知識等から就職が困難な特定の求職者層等についてトライアル雇用を実施した場合に助成。○助成金内容:対象者1人につき月額 4万円。(最長3カ月間)

問合先:都道府県労働局、ハローワーク

双田社会保険労務士事務所所長
双田 直氏
岡山市北区野田4-1-7
TEL086-246-6064

本誌:2013年1.1号 111ページ

PAGETOP