WEB VISION OKAYAMA

連載記事

新知事に期待する

 石井知事の後任に伊原木隆太前天満屋社長が選ばれました。選挙の争点が曖昧だったせいか有権者は何を基準に投票すればいいのか迷ったようです。投票率の悪さにそのことが如実に表れています。

 しかし争点が曖昧ということは裏返していうと、知事が果たすべき緊急かつ重要な課題が岡山県は他都道府県に比べて相対的に少ないということを意味していないでしょうか。

 原発を抱えているわけではないし、来るべき東南海地震の津波予想も太平洋に面した県の被害予想とは1桁違います。台風は四国山地が防波堤になっている。うっとうしい領土問題とも無縁で、最初から知事に対する負荷は低いはずです。

 そんな岡山県の新知事の抱負は、「産業振興と教育の立て直し」(知事談)とのことですが、どうもピンときません。特に「教育の立て直し」の中身が「道徳教育の充実」とは少々アナクロではありませんか?

 道徳教育というと論語や孟子など儒教道徳を連想しますが、現実の中国を動かしている中国人の思考パターンを見るとマキャベリも真っ青のウルトラ現実主義です。とにかくやることなすこと品がない。こういう風土だからこそ儒家たちによって道徳が声高く叫ばれたのでしょう。

 卑弥呼で有名な魏志倭人伝(3世紀末)には「日本には盗みがなく、訴訟が少ない」と明記してあります。太古の時代から日本人は一貫して中国人が驚くほど道徳的な民族だったのです。今更年若い知事が「もっと道徳を!」と叫ぶのは何か違う気がします。

 むしろ日本の若者に必要なのは黒を白と言いくるめて何ら恥じない中国人の厚かましさ、粘り強さです。逆境でもなりふりかまわず生き抜く強さ、自己主張する能力と技術を子どもたち、特に岡山の子どもたちに身につけて欲しいと思います。

 新知事は、非常にリベラルな校風が特徴だった中学校の20年ほど後輩でいらっしゃるとのことなので、あえて当選直後の抱負に水をさすようなことを書いてしまいましたが他意はありません。バックグラウンドも経歴も輝かしく、官僚の悪弊にも染まっていない若い知事の誕生を心から祝福し期待します。

 だれにも遠慮することなく、いい子になることなく、思う存分腕を振るっていただきたいと願います。

本誌:2012年11.12号 14ページ

PAGETOP