WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル菅田

岡山駅前ビルに新業態店出店 ブライダルで若年層取り込む

  • ぬくもりある店舗(完成予想図)

 宝石、宝飾品チェーンの㈱菅田(津山市川崎1902-3、菅田茂社長、資本金4700万円)は、7月14日、岡山市北区駅元町1-4のターミナルスクエア1階に新業態のブライダルジュエリー専門店「フローリア」をオープンする。

 大型ショッピングセンター内への出店で全国展開する同社としては異例の路面店。幅広い商品を取り扱う既存店の中心顧客の年齢層が50~60代と高いことから、若者を取り込もうと菅田社長の長男・拓平専務(35)が指揮しプロジェクトを進めた。

 岡山の自然を核にしたブランドコンセプトや木のぬくもりを生かした店舗イメージなどを東京で活躍する岡山出身のウエディングコンサルタントと構築。菅田の名を表に出さず、独立した店舗ブランドとして1からイメージを作り上げる。

 店舗は約40㎡。既存店で取り扱っていた同名のオリジナルブライダルジュエリーブランドをブラッシュアップし、約100点に絞り込んで販売。価格は約10万円~。インテリアは㈱脇木工(久米郡美咲町)が担当。当面不定休で営業時間は平日が正午~午後8時、土、日曜、祝日は午前10時に開店する。

 県南エリアはブライダルジュエリー専門店約25店がしのぎを削るという激戦区だが、その中で磨き上げることで大都市進出の足掛かりとしたい考え。まずはウェブ、ブライダル専門誌などを活用しブランドの浸透を図り、年間5000万円の売り上げを目指す。

 年内に同店をアンテナショップとした商品開発の仕組みも構築する計画。菅田専務は「既存客だけに頼っていては先細りする。若い世代を取り込み既存店との相乗効果を上げるためにも、早期にチェーン化したい」と意気込んでいる。

本誌:2012年7.2号 8ページ
関連リンク:菅田

PAGETOP