WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[知的財産] 商標の先使用権

ラーメン店を経営している弊社に、弊社のラーメン店名称と同じものを商標登録しているという方から、商標権侵害に関する警告書が届きました。警告者の商標出願日よりも、弊社ラーメン店名称の使用開始が早いのですが、それでもラーメン店名称の使用を中止しなければいけませんか。

A : 警告者の商標出願時の周知性の証明要

まず、警告者の商標登録が、貴社のラーメン店名称( 貴名称) と同一又は類似する商標に、ラーメン店の営業をカバーする役務「飲食物の提供」を含んだ分野( 指定役務)になされた有効なものかを確認してください( そうでなければ商標権侵害ではない可能性が高くなります。)。

そのような警告者の商標権が存在しても、以前からの貴社の貴名称の使用実績に基づき貴社の継続使用を認める「先使用権」が成立する場合があります。先使用権の成立には次の( 1 ) ~ ( 4 ) の条件を満たす必要があります。

即ち、( 1 ) 貴社が警告者の商標出願前から貴名称を使用していること、( 2 ) 貴名称の使用が不正競争の目的がないこと、( 3 ) 貴社が貴名称を使用することで、警告者の商標出願時に貴名称が周知( ある程度有名) になっていたこと、そして( 4 ) 貴社が継続して貴名称を使用していることです。

これらのうち( 3 ) は、警告者の商標出願時に、貴名称が周知( 通常、隣県のいつかまで貴名称が知れわたっている程度) であったことを、具体的には、使用期間、使用地域、営業規模( 店舗数、営業地域、売上高等)、広告宣伝実績、新聞雑誌等の記事掲載実績等に関する資料に基づき間接的に証明します。しかし、この資料が元々なかったり、( 通常、数年以上前の出願時の状況を示す) 古い資料として既に廃棄されていたりで、実務的には、この資料収集は容易でなく、( 3 ) の証明ができずに先使用権が認められない場合が多々あります。

このように貴名称の使用実績により上記条件が満たされ証明できれば、貴名称の使用を中止する必要がなくなりますが、それが困難な場合も多いことがご理解いただけると思います。このようなトラブルを回避するためには、ご自身が、継続的に使用したい商標( 店舗名、商品名、会社名、ロゴ等) を商標登録することが大切です。

笠原特許商標事務所
弁理士・所長
笠原 英俊氏
岡山市北区野田2-7-12
TEL086-245-0440

本誌:2012年3.12号 19ページ

PAGETOP