WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[知的財産]  商品内容を説明する商標の登録

Q .さつまいもを使用したタルトの販売が好調なので、商標「さつまいもタルト」を登録したいのですが。

自他商品等識別力を有さない商標は登録不可

A.商標は、自分( 自社) の商品や役務( 以下、両方を併せて「商品等」と言います) を、他人( 他社) の商品等と区別するための標識であることを以前ご説明致しました。

商標を付けた自分の商品等を他人の商品等とお客様が区別できる商標の基本的な力を自他商品等識別力自他商品等識別力(単に識別力と言うこともあります)と呼ぶことがあります。この識別力がない商標は、そもそも商標として必須の機能を有さないものですから登録されません(一私人に独占させるべきではないという理由もあります)。

商標を用いる商品等の普通名称、商標を用いる商品等の慣用商標、商標を用いる商品等の直接的な説明書き( 例えば、産地、販売地、質、原材料、効能、用途、数量等)、ありふれた氏又は名称、極めて簡単でありふれたもの、これらの類型にあてはまらない識別力がない商標が挙げられています。なお、普通名称や慣用商標は、商品等との関係を考慮する必要があり、例えば商標「トマト」は商品「トマト」については登録されませんが、商品「自動車」については登録される可能性があります。

ご質問の商品「さつまいもを使用したタルト」に使用する商標「さつまいもタルト」は、商品等の直接的な説明書き( さつまいもを使用したタルトを直接的に説明する)に該当することで登録されない可能性が高いと考えられます。なお、商品等の直接的な説明書き、ありふれた氏又は名称、そして極めて簡単でありふれたもの、については、商標が十分使用されて著名になった場合は、例外的に登録が認められますので、商標「さつまいもタルト」が使用により貴社の製品を示すとして全国的に有名になれば登録の可能性があると思います。

笠原特許商標事務所
弁理士・所長
笠原 英俊氏
岡山市北区野田2-7-12
TEL086-245-0440

本誌:2011年12.12号 25ページ

PAGETOP