WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[経営] 与信管理のポイント~その1

Q:取引先倒産リスクが心配です。新規又は既存取引先の信用調査と与信管理の留意点を教えて下さい。

A:取引先の業績変化に要注意。

1.新規取引開始のための調査ポイントについて。

①「信用調査」(取引先の営業概況・所有不動産・決算書分析等)が必要です。調査項目は、商号・法人形態・所在地・社歴・役員構成・売上状況・主要商品構成・主要販売先・主要仕入先・主力銀行・所有不動産・在庫状況・設備状況・生産能力・立地条件・労使関係・業界動向等です。

②「取引制限」が重要。具体的には「取引方法の制限」(入金サイト短縮や現金取引)や「取引金額の制限」(自社体力に合った取引規模)を設けるべきです。

2.既存取引先の信用度見直しについて。

①既存取引先の業績変化に対応する為、場・信用度別調査回数の設定、場・定期的信用度再チェックが重要。

②取引先を信用度の高い順にAからEの5段階評価。(A,B)優良先で積極的に拡販、調査も年1~2回。(C)不安先で十分に警戒要し、調査も3カ月に一回。(D)特に要注意先で毎月情報収集し手形取引は避ける。(E)取引停止。実際には(C),(D)で取引金額の大きい先を重点的に信用調査すべきです。

3.取引先信用度のランク付け方法と活用の仕方。定性・定量要因から5段階評価を以下の項目で実施し、最新の信用度評価に基づいて取引すべきです。

(1)「定性調査」項目は、①業歴、②業界商品等の将来性、③経営者・経営幹部の資質等です。

(2)「定量調査」項目は、①売上高趨勢、②利益趨勢、③総資本回転期間、④総資本回転期間趨勢、⑤総資本経常利益率、⑥売上高当期利益率、⑦自己資本比率、⑧借入金依存度、⑨財務透明度、⑩その他です。

(3)評点とランク付け:「定性要因」30点、「定量要因」70点の計100点満点で評価します。A(取引限度は無制限)80点超、B(取引限度は取引先月商の20%)70点超80点以下、C(限度は取引先月商の10%)60点超70点以下、D(限定的取引先)50点超60点以下、E(取引不適格)
50点以下。信用度ランク付けに応じた与信設定・取引継続判断、取引条件の変更等の対応が重要です。

税理士法人石井会計代表
石井栄一氏
岡山市南区新保1107-2
TEL086-201-1211

本誌:2011年9.12号 25ページ

PAGETOP