WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[知的財産] 特許権の利用方法

Q : 取得した特許権の利用方法はどのようなものがありますか。

A : 自己実施、譲渡、実施許諾が可能

「産業財産権」の一つが特許権です。特許権は、業として特許発明を独占的に実施することができる権利ですので、最も基本的な利用形態は、他社の参入を阻止しつつ、ご自身が製造販売等の実施( 自己実施)をなさることです。これは、他社の参入阻止により、価格競争を回避し安定して利潤を確保することができます。そして、特許権は、土地等と同様、自由に譲渡( 有償、無償いずれも可) することができます。

さらに、特許権は、それに基づき他人に実施権を与えること( ライセンス契約) により特許権の範囲の内容を他人に実施をさせることができます。実施権は、大まかには専用実施権と通常実施権との2 種類に分けられます。専用実施権は、特許権者と専用実施権者との契約を前提とし、特許庁への登録がなければ発生しません。そして専用実施権は、特許権者を含め専用実施権者以外の者はその内容を実施できなくなります。通常実施権は、特許権者と通常実施権者との契約によって発生するもので、さらに、通常実施権は、独占的通常実施権と非独占的通常実施権とに分けられます。

独占的通常実施権は、A さんに実施許諾した範囲はA さん以外には許諾しないというものですが、非独占的通常実施権は同じ範囲で何人でも許諾できるものです。通常実施権は特許庁に登録すれば、その後の特許権の譲受人にも自分が実施することを認めさせることができます。また、特許権者から承諾を得れば実施権に基づき、再実施権を他人に与えることもできます。

笠原特許商標事務所
弁理士・所長
笠原 英俊氏
岡山市北区野田2-7-12
TEL086-245-0440

本誌:2011年7.11号 25ページ

PAGETOP