WEB VISION OKAYAMA

連載記事

のし袋と表書き

婚礼祝いは“壽”の一文字を

貴方様のように立派なお方が絶対に間違う事が許されないのが、のし袋の使い方ではないでしょうか。お立場ある方が使用すべきのし袋の表書きをご紹介いたします。 結婚のお祝いに関してのし袋は、結び切りの水引を使用なさることは、みなさまご承知のことと思います。それでは、表書きはかがでしょうか。

 お立場ある貴方様の表書きは、「壽」一文字を手書きのものにして下さい。のし袋の業者様が、作成なさっている短冊を否定をしているわけではありません。文字を書くのが苦手なお方にはとても便利です。しかし、貴方様のようにお立場にある方が、ご使用のなることはお薦めいたしません。また、印刷の表書きに、スタンプにてのお名前表示をなさることもお控え下さい。

「壽」が一番格式ある方法と言われています。「御祝」と真ん中に記載する時には、右側に少し小さい文字で、“御結婚”と付け足す方が丁寧な方法と言われています。“御結婚”“御祝”では、“御”が重なるのでよろしくないとお思いになった方もいらっしゃることと思います。“結婚御祝”では4文字になってしまいますので、4文字をさけるためにも“御”が2つ必要になります。そのような点からいたしましても、やはり“壽”一文字になさるべきです。

そして、のし袋の種類(デザイン)ですが、お立場ある貴方さまにお薦めなのは、デザインのカラフルなものではなく、昔ながらのきちんとした水引ののし袋です。正式であるともいわれております。他の方に、のし袋をご用意いただく時にも是非お気をつけ下さいませ。私がスクールにて、のし袋についての授業を若い女性の方々にしますと、必ず驚かれる内容です。デザインに富んだカラフルなものの方が、お相手が喜ばれると勘違いをなさっている女性が多いのが現状だからです。 デザインに富んだのし袋は、カジュアルな方法です。

 もうひとつ、お気をつけいただきたいのが、祝儀袋を前もってご準備になる時に、結び切りの水引のみでなく、蝶結びの水引をご準備になって下さい。出産祝い・入学祝い・長寿祝い・新築祝い・開店祝い・昇進祝い・一般の贈り物などは、 すべて蝶結びの水引を使用します。 急きょ購入できる場所では、蝶結びの水引ののし袋を扱っていないことが多いのが現状です。

 おつきあいが多く、またお手本となるべき貴方様には、是非ともご用意をなさっていることも必要かと思います。
 また、私は真っ白の水引の物も、前もって用意しております。(神式・キリスト教式の不祝儀に使用します。)

河村まどか
礼儀作法教室ドルチェ・フィニッシングスクールを主宰。岡山、山口に教室を持つほか、企業研修など全国で出張レッスンを開催。ホームページはhttp://dolce-fs.net メールアドレスはinfo@dolce-fs.net

本誌:2011年2.21号 31ページ

PAGETOP