WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[知的財産] 特許の取得方法

特許の取得方法

Q新しい製品についての特許権を取得したいと思っていますが、そのためにはどうすればよいでしょうか。

内容を記載した特許出願が必須

Aどんなに素晴らしい発明をしても、特許権を取得するための手続き特許出願を自分からしなければ、特許権を得ることはできません。

 この特許出願は、発明者や出願人(将来の特許権者)等を記載した「特許願」、発明の内容を詳しく記載した「明細書」、取得したい特許権の範囲を記載した「特許請求の範囲」、明細書の説明を助けるのに必要な「図面」、そして発明の内容を簡単に記載した「要約書」を含む書類(出願書類)を特許庁に提出することで行います。

 これらの出願書類の提出は、パソコンからインターネット経由で特許庁へデータを送信することで行う方法(電子出願)と、内容を記載した書面(実際の紙書類)で行う方法が(紙出願)とがあります。電子出願は、データ送信で行いますので、実際の紙が不要で迅速容易に行うことができる反面(原則24時間)、特許庁コンピューターとご自信のパソコンとを接続するための前準備が必要です。そして、紙出願は、実際の紙書類を通常郵便(特許庁へ持参も可)することで行いますので、電子出願の前準備が不要で手軽に行うことができますが、後に特許庁側で出願内容を電子データとするための入力手数料(電子化手数料)を要求されます。

 特許出願を特許庁にしますと、所定の書式等が満たされているかどうかのチェック(方式審査)がなされ、もし、不備があれば補正命令がされます。ただし、方式審査は、あくまで「方式」のみの審査で、出願した内容が特許されるべきものかどうかの審査(実体審査)とは異なることに注意してください。

 そして、方式審査を通過した出願は、出願した日から1年6月経過すると出願内容が公開され、誰でもその内容を見ることができるようになります。(例えば、インターネットHP「特許電子図書館」で無料閲覧できます)。公開は、公開広報という見栄えの良い様式でなされます。このため公開広報を見て、既に特許権が発生していると勘違いなさる方も多いので注意してください。(恥ずかしい話ですが、技術者として会社勤務していた頃、私自身も間違えたことがあります)。

笠原特許商標事務所
弁理士・所長
笠原 英俊氏
岡山市北区野田2-7-12
TEL086-245-0440

本誌:2010年10.11号 23ページ

PAGETOP