WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル徳河製作所

本社壁面に昆虫オブジェ 種類増やし商品化へ

  • デザイン的な風見鶏

 ㈲徳河製作所(岡山市北区牟佐456、徳永武司社長、資本金300万円)の本社壁面に、1m四方の昆虫オブジェなどが登場。通行人ら見る人を楽しませている。

 6月から県道東岡山御津線沿いの本社で、鉄製のトンボやチョウチョウ、テントウムシのオブジェ5体と、風見鶏を展示。赤や黄色など鮮やかにペイントしたことで、通行人から見学の申し入れがあるなど注目されている。

 同社は鉄骨階段や遊具などを製造しており、そのノウハウを生かした製品として、今夏にも幼稚園や小学校、個人向けに発売する方針。商品化に当たり動物のオブジェも作成する。価格は3万円程度の予定で、塗装費・施工費別途。企業のイメージキャラクターなどにもデザイン料別途で対応する。

 問い合わせは同社(電話086-229-9066)へ。インターネット販売(http://www.tokugawa-ss.co.jp/)も検討している。

本誌:2010年7.5号 11ページ

PAGETOP