WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルSEO

セミナーのライブ配信試験 ノウハウ蓄積し会員に還元

  • リアルタイムでセミナーを配信

 (社)システムエンジニアリング岡山(SEO、前坂匡紀会長)は、このほど、主催するセミナーのインターネットライブ中継の試験運用に着手した。

 より多くの企業に情報発信することと、ライブ中継の運用ノウハウを蓄積し会員企業に還元することが目的。会員企業のシステムプロダクト㈱(岡山市)が展開するプレゼンテーション配信システム「展視(てんし)」を活用した。セミナー講師の動画だけでなく、プレゼンテーション資料も同時に配信できる。

 第1弾として6月16日に岡山ロイヤルホテルで開催した「Ruby普及啓発セミナー」をテスト中継。会場にデジタルビデオカメラ1台を設置し、2講演、事例発表など延べ3時間を配信。会員企業や、他県の情報産業団体などに閲覧方法を案内し、約30拠点がライブセミナーを視聴。パソコンのOSやインターネット閲覧ソフトなど異なる環境下での再生状況、品質などを調査した。

 閲覧者からは、音割れや一部ノイズなど音声面での問題はあったがスムーズに再生され画質もよく、セミナーの内容も分かりやすいと評価されたという。また、視聴しながらセミナーに関する質問を受け付ける機能も活用した。動画は、同時に録画編集しており、SEOのホームページでオンデマンド配信している。

 SEOでは、音声の取り込み方の変更や、カメラの台数を増やして動画の見せ方を工夫するなどクオリティの向上を図るほか、テレビ会議システムなどもテスト導入していく計画。雨坪壽則専務理事は「積極的に最新のIT技術を試し、利点や問題点などを分析して会員企業へ情報発信していきたい」と話している。

PAGETOP