WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルおかやま骨董アンティーク市

骨董市に2万人来場  県下最大級を目指す

  • 中四国、近畿などから出展

 おかやま骨董アンティーク市実行委員会(藤岡郁男代表)は、3月27、28の両日、岡山市北区問屋町の岡山県卸センターオレンジホールでおかやま骨董アンティーク市を開いた。

 県下最大級の骨董市を目指すもので、期間中延べ2万人(主催者発表)を動員。会場には中四国、近畿などから焼き物、掛け軸、古美術、西洋アンティークなどを扱う業者64店と地元のクラフト作家8人が出店した。

本誌:2010年4.12号 16ページ

PAGETOP