WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル福武教育文化振興財団

文化賞・同奨励賞贈賞式 文化向上へ貢献たたえる

  • さらなる活躍を期待

 (財)福武教育文化振興財団(福武總一郎理事長)は、11月9日、岡山市中区浜2-3-12の岡山プラザホテルで、平成21年度(第10回)の福武文化賞、福武文化奨励賞の贈賞式を開いた。

 今年の文化賞は、陶芸作家の藤原敬介氏(岡山市)とデザイナーの水戸岡鋭治氏(東京都)、同奨励賞は筝曲演奏家山路みほ氏(倉敷市)、美術家・グラフィックデザイナーの太田三郎氏(津山市)、竹田喜之助顕彰会(瀬戸内市)、特定非営利活動法人若い芽を育てる会(岡山市)が受賞。

 本田茂伸副理事長から賞状と記念メダルなどが贈られ、「賞に負けないよう頑張って仕事をしたい」(藤原氏)などと受賞者が1人ひとり謝辞を述べた。引き続き、文化賞受賞者による講演なども行われた。

 文化賞は県の文化向上に貢献した個人・団体、同奨励賞は貢献が期待される個人・団体に贈られ、今回までで文化賞20件、同奨励賞35件が受賞している。

本誌:2009年11.23号 15ページ

PAGETOP