WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルNTT西日本岡山支店

次世代ネットワークの新サービス 信頼性確保し多彩なサービス創造

 西日本電信電話(株)岡山支店(佐藤裕二支店長)は、4月20日から、IP通信網を高度化・大容量化した次世代の情報通信ネットワーク(NGN)を活用した光ブロードバンドサービス「フレッツ光ネクスト」の提供を岡山市内で始める。

 大規模災害時のサーバダウンなどのリスクに対し、伝送ルートの二重化、トラヒック(情報量)の分散機能などで固定電話網並みの信頼性を確保しながら、インターネットの利便性・経済性を併せ持つのがNGNの特長。

 品質面は、リアルタイム性が要求される通信サービスの提供に適した「優先クラス」と、従来のインターネットと同じ経済性や自由度を優先する「ベストエフォートクラス」を設定。優先クラスは文字通り優先的に必要な帯域が確保されるため、映像などの安定的な送受信が可能で、セキュリティ面はNGNの発信者IDを発行することで、なりすましや不正アクセスを防ぐ。

 また、従来のIP通信網では、サービスを提供する事業者はインターネット回線と接続業者を経由してアクセスする必要があったが、NGNではインターフェースをオープンにすることで、安全性が担保されたネットワークに直接アクセスできるようになり、さまざまなコラボレーションによる新しいサービス創造を促進する。

 実証実験段階ではデータによる映画館への作品提供も行われており、将来的にはインターネットを使った映像配信、高度医療、在宅ビジネスなど、さまざまな次世代サービスが期待されている。提供エリアは政令指定都市を中心に拡大中で、21年度第1四半期には倉敷市内でもサービス開始予定。

 申し込み受け付けは4月11日からで、電話番号は0120-116116。

PAGETOP