WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル倉敷に「クライミングジム」オープン

初心者から上級者まで楽しめる本格施設

  • 中国地区では数少ない民営のクライミングジム

 中国地区では珍しいクライミングジム「rocks CLIMBING GYM」が3月6日、倉敷市平田261-2にオープンした。

 国道429号沿いの居酒屋八剣伝と同一敷地内の倉庫を改装。広さは約300平方メートル。壁の高さ約10m。登る際に手や足をかけるホールドを約2000個取り付けている。90~180°の傾斜やホールドの配置に差を付けることで初心者から上級者まで楽しめる。ロープを付けてのクライミングと、ロープを付けず壁を登るボルダリングを体験できる。

 客層は小学校低学年~70代まで幅広く、平日を中心にクライミングの強化選手も利用している。岡山市出身で、大阪のクライミングジムに勤務していた柳瀬昭史オーナーが「大阪では約10施設が競合しており、岡山でも浸透させたい」と一念発起。倉敷インターに近く、岩場の名所の備中地区や玉野市・王子が岳と約1時間で移動できる立地から出店場所を決めた。

 営業時間は平日午後1時~同10時、土・日曜、祝日午前10時~午後8時。月曜定休。駐車場は共有で55台分。料金は一般2100円など。割安な会員制有り。初心者を中心にスクールも開催している(要予約)。

 同ジムでは「全身運動でシェイプアップ効果も高い。単調なランニングや水泳に比べ、ルートを自分で開拓するため登ったときの達成感が魅力」とPR。問い合わせは同ジム(電話086-476-5358)へ。詳細はホームページ(http://ameblo.jp/rocksclimbinggym)へ。

本誌:2009年4.6号 7ページ

PAGETOP