WEB VISION OKAYAMA

連載記事

残席僅少

 本誌先週号の記事によれば岡山空港発着の東京便の搭乗率が低迷しているそうです。低迷は東京便に限らず、中国路線もぱっとしません。

 先日、岡山発着のパッケージツアーをネットで探してみました。意外にも大手旅行代理店が企画する2泊3日の上海旅行はどの出発日も残席9以下を示す△マークがついています。これは満席になる前に予約しなくちゃとあせりました。

 ところが購入手続きを進めていくとなぜか最後の段階で拒絶されてしまいます。「残席あり」なのにおかしいと思い旅行代理店に電話をかけてみました。

 すると「6席空いてます」とのことで、なぜネットでは拒絶されたのか疑問に思いながらも「1人、参加お願いします」と言ったら、代理店の人が「ああ理由が分かりました。この旅行は最小催行人数は2名です、お1人様で申し込まれたので受け付けられなかったのです」???

 よく聞くと、1人で申し込んだのがいけなかったのではなく、その企画旅行に申し込んだ人は今のところだれもいないのでパック旅行が成立していないという意味でした。そもそもの募集定員が1日数名に過ぎず、最初から「残席僅少」だったのに全然売れていない。

 大不況の真っただ中にあるとはいえ、人口200万を擁する岡山県で、週末気軽に上海に行ってみようという人がゼロというのはいかにも不可解です。

本誌:2009年2.16号 12ページ

PAGETOP