WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル青果物消費拡大推進委員会

ウメジュース作り教室 大元小の児童らが参加

  • ウメジュース作りに挑戦

 岡山市中央卸売市場青果物消費拡大推進委員会(岡山市市場1-1、浪越清委員長)は、5月31日、岡山市大元上町9-43の大元小学校で、和歌山県産のウメを使ったジュース作り教室を開いた。

 外国産に押されているウメの消費拡大を図るために開いたもの。和歌山県農業(協)連合会の職員や紀州田辺うめ振興協議会の講師も参加。疲労回復や血流改善などに効果があるとPRした。

 児童らは講師から指導を受けながら冷凍したウメと砂糖を瓶詰め。ジュースは10日後には出来上がった。

本誌:2008年6.16号 13ページ

PAGETOP