WEB VISION OKAYAMA

連載記事

ラジオ中国語講座

 今年の4月からNHKのラジオ中国語講座を割り合い熱心に聞いています。ところが、中国語はご存知のように子音がどれもこれもよく似ていて、例えばzi, ci とまったく別の発音記号(ピンイン)がふられている音も、私にはどちらも「ツー」としか聞こえません。

 普通は「耳が悪いせい」にしてあきらめるところですが、「ちょっと待てよ、ラジオが悪いんじゃないか?」と思い、ついにMP3レコーダー(商品名TalkMasterⅡ)を購入しました。

 iPod風の胸ポケットにすっぽり収まるトークマスターⅡは、ラジオ講座の放送スケジュールに合わせ、多彩な曜日パターンで録音設定できるようになっていて1週間分の講座が知らないうちにちゃんと記録されます。

 10月はラジオ講座の新学期。今度こそ無気音(zi)と有気音(ci)の違いを聞き分けるぞ、という意気込みも手伝ってか、録音済みの中国語講座をイヤホンで聞いてみたら、今までスピーカーで聞いていた時には区別できなかった発音が何となく違う音に聞こえるようになりました。

 今年も昨年同様12月に上海に行く予定ですが少しは通じるようになっているんじゃないかと期待しているところです。

 ちなみにNHKの外国語講座はいつごろ始まったのかよく知りませんが、1960年代、私が大学生だったころには既にありました。学生時代、下宿でNHKのフランス語講座を熱心に聞いていたものです。

 本当に外国語をマスターしようと思えば“駅前留学”などよりNHKのラジオ講座の方がよほど近道であろうと思うのは今も昔も変わりありません。

本誌:2007年11.5号 14ページ

PAGETOP