WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[オフィス] 携帯電話のスケジュール機能

Q スケジュール管理でいい方法はありませんか

 アラーム機能で時間管理を徹底

A 年末が近づいてくると毎年多くの手帳が発売される。最近では大手居酒屋チェーンの和民の渡邉美樹社長の手帳やインターネット関連サービス大手のGMOの熊谷正寿社長の手帳が人気を集めている。2人とも日々細かくスケジュール管理を行うことで上場企業を作りあげたと言う。その恩恵にあやかりたいと思う人がたくさんいても不思議ではない。

 ただし、次のような問題もある。ほとんどの人が毎日細かくスケジュール管理をし、きちんと記入し続けることができないのではないかということだ。そこで、今回は誰でもすぐ実行できて、しかも、効果的な方法をお伝えしようと思う。

 それは、携帯電話のスケジュール機能を利用することだ。わたしには非常に便利で重宝しているが、周りを見てみると意外に使っている人が少ないことに気がついた。

 一番便利な点はアラーム機能があること。予定時刻になると音がして知らせてくれるのは案外便利なものだ。例えば、どこか出張に行くときに乗るつもりにしていた新幹線の時間にはまだ早すぎると思って何かしていると、予定の時刻が過ぎてしまったという経験をしたことはないだろうか。何分前に知らせるという設定もできるので、何かに集中していて、うっかりしてしまうのを防ぐことができる。あるいは、薬を飲んでいる場合など、アラームを毎日一定の時刻に繰り返すという設定もある。

 操作方法は、メールが打てる人なら誰でも操作できるほど簡単だ。使い方は機種によって違うので最寄りのショップなどで確認してもらいたい。

 携帯のスケジュール機能を使うことでうっかりミスがなくなり、能率アップと心の平穏を手に入れることができたと言っても過言ではない。もちろん時間を守ることはあなたの信用を守ることであり、信頼される人物として絶対必要な条件であることは今さら言うまでもないだろう。

 簡単にすぐにいつでもどこでも使えて、音で知らせてくれるという手帳などの他のツールにない特徴をもつ携帯電話によるスケジュール管理、一度試してみてはいかがだろうか。


(株)サイトウジムキ社長
斎藤謙次氏
倉敷市児島駅前1-22-3
TEL086-474-2700

本誌:2007年10.22号 25ページ

PAGETOP