WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[オフィス] 広告の掲載順位決定方式を変更

 Q ヤフーへの広告の掲載順位が変わるそうですが、ネットビジネスにどう影響しますか。

 サイト内容に合った広告で上位に

 A 以前にお話したXデーがついに決定。ヤフーに1クリック9円から掲載できるネット広告のオーバーチュアが、掲載順位を決定する方式を変更する日を正式発表した。

 ネット広告に興味がない人には、インパクトの大きさが理解できないかもしれない。が、オーバーチュアをうまく活用しネットビジネスを展開している人にとっては、かなり大きな出来事といえる。それほど掲載順位の変動は、ネットビジネスに大きな影響を与える。

 以下は、以前の発表時の公式コメント。「2007年7月9日の週に、広告の掲載順位決定方式を変更する予定です。この変更により、広告の掲載順位は、現在の入札価格に完全に依存するものから、入札価格と広告の品質をベースに決定されるようになり、広告としての品質が高い広告が、より上位に掲載されるように変更されます」とある。

 今までは採算が合うかどうかは別にして、1番高い金額を出せばヤフーで1位に表示された。そのため、キーワードによっては高騰し、1クリック数千円というものさえあった。当然クリックした全員が購入するわけではないから、購入するまでの広告費を考えると、とてつもない金額になっていた。運良く穴場と言えるキーワードを見つければいいが、そうでなければ資金力の乏しい中小企業には参入しにくくなってしまう。

 オーバーチュアにとっても、長期的に考えると決して得策とは言えない。広告主が一部に集中する可能性があるからだ。先行するグーグルとの差を少しでも埋めるべく、今回の大幅な変更に踏み切った。入札金額に加え、クリック率とサイト内容と広告の整合性を問うようになる。つまり、サイト内容に合った広告を出せば、低い金額で上位に表示することが可能になる。中小企業には、歓迎すべき変更だ。

 ネットの場合、特に進化が早い。進化し続ける者だけが生き残る世界だ。先日ネットショップで月商1億円以上売り上げるトップランナーの話を聞いた。オシャレな商品を扱い華やかに見える彼の商売も、バックヤードでは本当に泥臭くコツコツと努力している。彼の言葉で最も印象的だったのは「寝たら負け」。ネットビジネスの競争の厳しさを表している。


(株)サイトウジムキ社長
斎藤謙次氏
倉敷市児島駅前1-22-3
TEL086-474-2700

本誌:2007年7.23号 41ページ

PAGETOP