WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[オフィス] 検索エンジン広告を有効活用

Q 経費を抑えかつ売り上げ増につながる効果的なネット広告はありますか。

 キーワードで対象を絞り込む

A あなたは、ホームページを開設しておられますか。それによって売り上げは上がっていますか。上がっていない場合、またもっと売り上げをあげたい場合、どうすればいいか。一番手っ取り早い方法は検索エンジン広告です。

 ヤフー系のオーバーチュアとグーグル系のアドワーズがあります。もし、あなたが個人相手のビジネスを展開しておられるなら、オーバーチュアのほうがいいでしょう。法人相手なら、グーグルがいいかもしれません。いずれもクリック保証型の広告で1クリック数円からでき、すぐに中止することもできるので中小企業や広告予算に余裕がない企業にとって取り組みやすいネット広告と言えるでしょう。

 しかし、最近では、キーワード(検索するときに入力する言葉)によっては、かなり単価が高くなっているものもあります。1クリック数千円もするものがあります。仮に100人がクリックして1人が買うとした場合、ネット広告費が数十万円もかかる計算です。1カ月で集計すると、とんでもない金額になってしまいますね。コレでは、経費削減どころか、とても中小企業にはできません。

 ところが、ネット広告費も賢く抑える方法があるんです。そのヒケツとは・・・「キーワードを選ぶこと」です。つまり、興味がある人を全員対象にするのではなくて、買いたい人だけを対象にした広告をするということです。

 あなたがニキビ用の化粧品を売っているとします。当然、キーワードは「ニキビ」です。ところが、ニキビと検索する人は、必ずしも化粧品を探しているわけではありません。美容外科を探しているかもしれません。単に情報を探しているだけかもしれません。あなたは化粧品を売りたいわけで、化粧品に興味がないお客様を集めても仕方ありません。

 では、どうすればいいでしょう。ちょっと考えてみてください。チッ、チッ、チッ、チーン。はい、おわかりになりましたか。そうです「ニキビ 化粧品」と入れて探す人ですね。これでクリック単価が、大きく変わる場合があります。しかも、オーバーチュアの場合、他社の広告単価を調べることができます。入札価格チェックツール(http://uv.bidtool.overture.com/d/search/tools/bidtool/?Keywords=&mkt=jp)です。便利なツールがあるものです。


(株)サイトウジムキ社長
齋藤謙次氏
倉敷市児島駅前1-22-3
TEL086-474-2700

本誌:2006年2.13号 29ページ

PAGETOP