WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[オフィス] 思わぬ便利なツール

Q プレゼンの機会が増えましたが、成功させるための何か効果的なツールはありますか。

 PC連動レーザーポインター

A 最近では、プレゼンテーションやセミナーの際に、パワーポイントを利用する機会が非常に多くなった。ところが、パソコンの操作を1人ではやりづらいし、誰かに操作を手伝ってもらうと細かなところで、意志の疎通がうまくいかない。帯に短したすきに長しと思っていたら、便利なツールがあった。先日、あるセミナーに参加したときに、講師が利用していたのだ。

 文具販売大手のコクヨ(株)(大阪市)から、パワーポイントの操作もできるレーザーポインターが発売されていた(http://www.kokuyo.co.jp/stationery/lp/forpc.html)。これなら1人でパソコンも操作できる、便利なものができたと感心した。以前は優良企業の代名詞であったコクヨも、ここ数年業績低迷に苦しんでいたが、実はその間に着々と画期的な新商品を開発していた。

 同社では、そのほかにも、いろいろユニークな商品を発売しているが、今回は、いくつかパソコン関連の商品に絞ってご紹介したい。

 まず、マウスである。デザイン的にも優れているが、独特な形状で大きな話題を呼んだその名もザ・フィットマウス「手の匠」(http://www.sapulife.com/fitmouse02/index.html)。全く新しい形でユニークだ。

 残念ながら、私は使ったことがないので、使い勝手については、ここでお伝えすることができない。しかし、見てみると、手にぴったりフィットするようで使いやすそうではある。パソコンを操作するうえで、マウスの使い勝手が生産性に少なからず影響を与えると思われる。長時間パソコンを使用する人は、このフィット・マウスの購入を考えてもいいのではないだろうか。

 続いてもマウスの話。ありそうでなかった、左きき用のマウスである(http://www.kokuyo.co.jp/press/news/20050915-456.html)。考えてみると、ゴルフにしても、ボウリングにしても、レフティ用のクラブやボールが用意されている。なぜマウスがなかったのか不思議なくらいだ。当然のことながら、使い勝手が考慮されたデザインになっている。今まであきらめていた方にとっては朗報だ。

 身近なモノでも、探してみると、便利なものが販売されていたということは、意外とありそうだ。


(株)サイトウジムキ社長
齋藤謙次 氏
倉敷市児島駅前1-22-3
TEL086-474-2700

本誌:2006年1.16号 57ページ

PAGETOP