WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル岡山流通

開発部門を本社へ移転 新システムへ体制強化

 貨物利用運送の岡山流通(株)(岡山市妹尾2618、川上文行社長、資本金1000万円)は、9月12日、システム開発の子会社ア・オリジナル(有)を岡山市芳賀の岡山インキュベーションセンターから本社事務所内に移転した。

 平成18年1月に新ネットワークシステム「WARCS(ワークス)」の運用開始を予定しており、本社とシステム開発部門を1カ所に集中することで運用の円滑化を図るのが狙い。同システムはインターネット、電話、ファクスで全国から収集した求車求荷情報を一元管理し瞬時にマッチングを行うもの。現在約1000社3万台の車両情報を管理しているが、導入後は全国を対象エリアとして荷主、運送業者の顧客拡大を図り、3~5倍のマッチング件数を見込んでいる。

PAGETOP