WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルウインズコミュニケーションズ

導入容易な新サービス メール未達問題を解消

 (株)ウインズコミュニケーションズ(岡山市問屋町24-104、中田浩平社長、資本金4000万円)は、このほど、会員制メールを導入している事業者などを対象に、携帯電話へのメール未達問題を解消する新サービス「トド携!@めーる」を開始した。

 消費者が携帯電話以外からのメールを受け付けないよう迷惑メール機能を設定しているため、入会申し込みなどにサービス提供者が返信メールを送っても受け付けてもらえない-といった問題を解決するサービス。未着メールとして返ってきたメールのアドレスの一部を同社が指定したものに書き換えて送信すると、同社の専用サーバーから携帯メールとして送信できる。

 価格は、導入費用が2万1000円、月額基本料金が9975円。これに月間50通コース(5250円)、同120通コース(1万500円)、同300通コース(2万1000円)を組み合わせたものが月額利用料金となる。ASPのためサーバーなどの導入は不要。

 携帯電話以外からのメールを受け付けないよう初期設定されている携帯電話が増加する一方、自分のメールアドレスを入力しなくても所定のアドレスに送信するだけで会員登録ができる「空メール」入会が一般化しているため、メール未達のトラブルが増加しているという。

 スパム、出会い系サイトなど迷惑メールへの利用が発覚した際にはサービスを停止するという。

PAGETOP