WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルコメリ

満を持して大型店を津山出店 ホームセンター全国大手が激突

 ホームセンターチェーンの(株)コメリ(新潟市清水4501-1、捧雄一郎社長、資本金188億213万円)は、店舗面積1万平方メートルクラスの大型店「ホームセンター津山店」出店を計画、9月9日付けで県へ大店立地法に基づく新規出店の届けを提出した。平成18年5月のオープンを目指す。

 出店するのは津山市平福15-1他の国道53号バイパス沿い。4~5年前から検討を続けてきたが、再三にわたる計画の見直しを経てやっと出店にこぎ着けた。

 同市内では地元の(株)ナンバ(津山市)が2店舗を構えるほか、コーナン商事(株)(大阪府堺市)が「津山イーストランド店」(津山市川崎147、店舗面積5718平方メートル)を出店。さらに年内には「カインズホーム津山店」(同市高野本郷1369-2他、同8397平方メートル)が出店する予定。HC業界の売上高潤・、2の両者、“地の利”があるナンバと競合することになる。

 そこでコメリでは、店舗面積が約1万平方メートルという地域最大店舗を計画。5万アイテム以上を取り扱い、半径5㎞を商圏とみている。

 店舗概況は、2万7352平方メートルの敷地に、鉄骨平屋の2棟構成(計9907平方メートル)。店舗面積は計8855平方メートル。2棟の間に市道があることから駐車場用地は分散し、敷地はいびつな形となる。駐車場は442台収容。営業時間は午前7時~午後9時半。

 同社は岡山県下で小型店17店を出店(17年9月末)しており、大型のホームセンターの出店は初。

本誌:2005年10.3号 14ページ
関連リンク:コメリ

PAGETOP